東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

目黒女児虐待死の母親 3日初公判

船戸優里被告

写真

 東京都目黒区で昨年三月、両親に虐待された船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5つ)=が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死の罪で起訴された母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の初公判が三日、東京地裁で開かれる。虐待の実態について法廷で何を語るか注目される。

 起訴状によると、優里被告と夫の雄大被告(34)は、昨年一月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、二月下旬ごろには雄大被告による暴行で極度に衰弱していたのに、虐待の発覚を恐れて病院に連れて行かず、三月二日、肺炎による敗血症で死亡させたとされる。

 捜査関係者によると、結愛ちゃんの体重は死亡時、同年代平均の約二〇キロを大幅に下回る約一二キロだったという。

 結愛ちゃんは雄大被告の実子ではなく、昨年一月まで暮らしていた香川県の児童相談所に二回、一時保護された。しかし、転居後に香川の児相からの引き継ぎが十分に行われず、東京都の児相が結愛ちゃんに接触できないまま事件は起きた。

 事件を受け、親による子どもへの体罰禁止や児相の連携強化などが盛り込まれた改正児童虐待防止関連法が今年六月、成立した。

 事件で、保護責任者遺棄致死罪などで起訴された雄大被告の裁判員裁判は十月一日に初公判がある予定。雄大被告は結愛ちゃんにシャワーで冷水をかけ、顔を多数回殴ったとする傷害罪でも起訴されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報