東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

復旧へボランティア集結 九州大雨・佐賀 避難者に疲労の色

浸水被害を受けた佐賀県大町町の住宅で続く復旧作業=1日

写真

 記録的大雨に見舞われた佐賀県では、被災から初めての日曜日となった一日、千人を超すボランティアが集まり、懸命に復旧作業を続けた。自宅が浸水するなどした住民は今も避難所生活が続き、表情には疲労が色濃くにじむ。

 大町町の鉄工所から油が流出し、被害が出た付近の六角川下流では一日、行方不明となっていた同県武雄市の五十代女性が遺体で見つかった。これまでに福岡、佐賀両県で三人の死亡が確認されている。

 県によると、一日午後三時現在で、武雄市と大町町に開設された避難所には計三百六十七人が身を寄せる。武雄市の朝日小学校体育館に避難する桑原まつ代さん(71)は先月二十八日、夫と共に消防団のボートに救助されて以降、避難所暮らしを余儀なくされている。「足が悪くてお風呂にも入れず、疲れる」と話す。

 被災者を支えようと武雄など五市町が受け付けているボランティアセンターには、一日も断続的に雨が降る中を、多くの人々が長い列を作った。大町町で家具の運び出しや油の拭き取り作業をした佐賀県小城市の高校三年原田優佑さん(17)は「この地域は小さい時から頻繁に訪れていた場所で、少しでも力になりたい」と話し、受け入れた建築業山中豊康さん(65)は「人手が必要だったので来てくれて本当にありがたい」と感謝していた。

 流出した油の除去や施設の復旧も進む一方で、県内有数の観光地、武雄温泉などでは旅館業者らが風評被害を懸念する。武雄市観光協会によると、温泉街に目立った被害はなく、担当者は「通常通り営業しているので、多くの人に来てもらいたい」と呼び掛けている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報