東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

朝4時起きで九九、生活規則の紙に血痕も 目黒虐待死 検察側が指摘

 優里被告の初公判で検察側は、結愛ちゃんの生活が厳しく管理されていたことや、死亡に至る経緯の痛ましさを説明した。

 事件発覚時、アパート内の結愛ちゃんが一人で寝起きしていた部屋からは、「うそをつかない」「きちんと返事をする」などと生活ルールが書かれた複数の張り紙が見つかったという。

 朝四時には起きるよう強いられ、かけ算の九九の練習などをさせられていたといい、「一回も間違えずに言えるように練習する」とも書かれていた。一部の張り紙からは、結愛ちゃんの血痕も見つかった。

 また、優里被告の供述調書も明らかにされた。優里被告は、結愛ちゃんが死亡する四日前の昨年二月二十六日、目の周りにあざがあるのを見つけ、翌二十七日から三日連続で嘔吐するのも確認していたという。

 死亡した三月二日の午後、二人はパソコンでアニメを見るなどして過ごしていた。結愛ちゃんがもうろうとしてきたため、「眠いの」と聞くと「寝ない」と答えたという。午後四時ごろには一人で歩くのが難しくなり、優里被告が手を引いてトイレに連れて行った。

 午後五時を過ぎると元気がさらになくなり、優里被告が「ディズニーランドに行こう」「小学校で楽しいことしよう」と声をかけると、結愛ちゃんは「うん」と返事し、かすかに笑ったという。

 だが、間もなく飲んでいたスポーツ飲料を吐き出し「おなか痛い、おなか痛い」と言って目をつむった。それから意識は戻らず、午後七時に搬送先の病院で死亡が確認された。体重は一二・二キロで、五歳児標準の一八キロを大きく下回っていた。

 この日、証人として出廷した小児科医は「五歳児が嘔吐するときは重篤な疾患を抱えていることがある。嘔吐し始めた日に、病院に連れて行くべきだった」と断じた。 (小野沢健太)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報