東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

救急隊「女児の腕、骨と皮」 目黒虐待死 母、起訴内容認める

 東京都目黒区で昨年三月、両親に虐待された船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5つ)=が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の初公判が三日、東京地裁(守下実裁判長)であり、優里被告は起訴内容を大筋で認めた。

 証人尋問では搬送した救急隊員が、結愛ちゃんの様子について「腕は骨と皮しかないくらい細く、目の下が腫れていた」と証言し、「優里被告はぼうぜんとしていた」と振り返った。

 優里被告は黒のスーツ姿で出廷。結愛ちゃんは継父の雄大(ゆうだい)被告(34)=同罪と傷害罪などで起訴=から繰り返し暴行を受けていたとされるが、「報復が怖くて通報できなかった」と泣きじゃくった。

 検察側は冒頭陳述で、結愛ちゃんが雄大被告から、「朝四時に起き、息が苦しくなるまで運動する」などの困難な課題を強いられ、達成できなければ暴行を受けるなどしていたと主張。結愛ちゃんが嘔吐(おうと)も繰り返していたのに、優里被告は病院に連れて行かなかったと指摘した。

 弁護側は「優里被告は雄大被告から過酷な心理的ドメスティック・バイオレンスを受けていた」とし、育児について度重なる叱責(しっせき)を受け、抵抗できない状況だったと強調した。

 起訴状によると、優里、雄大の両被告は、昨年一月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、二月下旬ごろには雄大被告の暴行で極度に衰弱していたのに、虐待の発覚を恐れて病院に連れて行かず、三月二日、肺炎による敗血症で死亡させたとされる。

 結愛ちゃんは「パパ ママ もうおねがい ゆるして ゆるしてください」などと両親に許しを請う文章をノートに書き残していた。悲痛な叫びは社会に大きな衝撃を与え、親による子への体罰を禁じる法改正のきっかけとなった。

 雄大被告の初公判は十月一日に予定されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報