東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

里見が六冠、女流で初 将棋 清麗を獲得

里見香奈新清麗

写真

 将棋の第一期清麗戦決勝五番勝負の第三局は七日、金沢市で指され、後手の里見香奈女流五冠(27)が百二十手までで甲斐智美女流五段(36)を破り、三連勝で初代清麗を獲得した。七つある女流タイトルのうち、女王を除く六冠を女流史上初めて達成した。

 里見女流六冠は得意な中飛車で戦い、難解な中盤戦を切り抜けた。「本局はミスが多かったが、結果がついてきてうれしい。今後は六冠にふさわしい将棋を指していきたい」と対局後に語った。

 二〇一三年に女流棋界初の五冠を達成。体調不良による休場などで一時は一冠まで後退したが、今年六月に女流王位を奪還し、女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花と合わせて三度目の五冠に返り咲いた。

<さとみ・かな> 森けい二・九段門下。2008年、16歳で初タイトルの倉敷藤花を獲得した。歴代2位の通算タイトル獲得数は37期(清麗1、女王1、女流王座4、女流名人10、女流王位5、女流王将7、倉敷藤花9)。鋭い終盤力から「出雲のイナズマ」と呼ばれる。島根県出雲市出身。27歳。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報