東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ピアノ 日本勢上位席巻 三原さん首位 ブラームス国際 

写真

 【ウィーン=共同】オーストリア南部ペルチャッハで7日、ヨハネス・ブラームス国際コンクールのピアノ部門決勝が行われ、三原未紗子(みはらみさこ)さん(30)=神奈川県藤沢市、写真、本人提供・共同=が1位に輝いた。2、3位も日本の女性で、上位を席巻する形となった。

 2位は東京芸術大大学院の尾島紫穂(おじましほ)さん(26)=東京都=で、3位はスイスのバーゼル音楽院に在籍する石井楓子(ふうこ)さん(28)=神奈川県出身。三原さんは昨年、オーストリアのザルツブルクモーツァルテウム大大学院を首席で卒業、日本でピアニストとして活躍中。

 先に行われた声楽部門では、ウィーン国立音楽大大学院などで学ぶ櫻井愛子さん(26)=東京都出身=が2位、伴奏の伊澤悠(いざわはるか)さん(27)が最優秀ピアノ伴奏賞を得た。ウェルター湖畔のペルチャッハはブラームスが夏を過ごし作曲もしたゆかりの地で、同コンクールは今年で26回目。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報