東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

上皇后さま手術無事終了 乳がん転移なく 数日で退院見通し

 上皇后美智子さま(84)は八日、東京大学付属病院(東京都文京区)で左胸の乳がんの摘出手術を受けられた。宮内庁によると、手術は無事に終わり、転移もなかった。術後の経過は順調で、数日で退院できる見通しという。

 美智子さまは全身麻酔をして乳房温存手術によって、がん細胞を切除した。腫瘍は一センチ弱の大きさで、その周りを円形に五センチほど摘出して検査したが、周囲にがん細胞は認められなかった。リンパ節への転移も認められず、進行度合いは術前検査と同様、早期の「ステージ1」と診断された。

 手術は美智子さまの乳がん検診を十年以上担当してきた静岡県立静岡がんセンター乳腺外科の医師と、東大病院の乳腺・内分泌外科の医師が協力して行った。今後、最終的な病理診断の結果を待ち、ホルモン療法など補助療法について検討するという。

 美智子さまは七日に入院し、八日は午前十時に手術室に入り、予定通りに手術を終えて午後二時すぎに病室に戻った。麻酔から覚めた後、医師の説明を受けた。関係者によると、美智子さまは転移がなかったことに安心した様子だったという。上皇さまはこの日、午前の手術前と午後の手術終了後の二度、病院を訪れて、美智子さまを見舞った。長女黒田清子(さやこ)さんも病室などで美智子さまに付き添った。 (阿部博行)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報