東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

パラリンピック申し込み 135万アクセス

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は9日、昼に申し込みを締め切ったパラリンピックチケット販売の1次抽選で、8月22日の受付開始日からの専用サイトへのアクセス数は累計約135万件だったと発表した。12年ロンドン、16年リオデジャネイロ両大会と比べ高い関心が得られたとしている。

 開閉会式や車いすバスケットボール、陸上、競泳などの決勝に人気が集まったという。ただ、五輪の1次抽選の約2425万件には遠く及ばず、組織委の鈴木秀紀チケッティング部長は「パラの魅力や、会場で観戦することの価値をもっと理解してもらうために努めていきたい」と話した。

 抽選結果は10月2日に発表され、当選者は15日までに購入する必要がある。年明けには2次抽選も予定されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報