東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「日の丸飛行隊」 金野昭次さん死去

冬季札幌五輪70メートル級ジャンプで表彰台を独占した(左から)銀の金野昭次氏、金の笠谷幸生氏、銅の青地清二氏=1972年2月、宮の森で

写真

 一九七二年札幌冬季五輪スキー・ジャンプの七十メートル級(現ノーマルヒル)で表彰台を独占した「日の丸飛行隊」の一員で銀メダリストの金野昭次(こんのしょうじ)さんが五日午前一時十八分、下咽頭がんのため札幌市の病院で死去した。七十五歳。札幌市出身。葬儀は近親者で行った。喪主は妻節子(せつこ)さん。

 日本大から北海道拓殖銀行に進み、六八年グルノーブル五輪に出場。地元札幌の五輪は七十メートル級を制した笠谷幸生氏に続いて二位に入り、三位で二〇〇八年に亡くなった青地清二氏とともに日本勢で金銀銅のメダルを獲得した。九八年長野五輪は聖火リレーの走者を務め、開会式で笠谷氏らとともに五輪旗を持って入場した。

 札幌スキー連盟によると、昨年二月までは札幌で行われるジャンプ大会で役員を務めていたという。同年三月にがんが見つかって手術していた。

◆大舞台で力発揮

<札幌冬季五輪ジャンプ70メートル級金メダリスト、笠谷幸生さんの話> 鋭い踏み切りは「カミソリ」と表現された。70メートル級の会場、宮の森のジャンプ台では独壇場と言えるほど強かった。それに大きい試合になると力を発揮した。ご冥福をお祈りするだけです。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報