東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

千葉、43万戸停電 今日中の復旧 見通しなく

停電が続く千葉県市原市の市役所で飲料水を受け取る市民ら=11日午前

写真

 台風15号による千葉県を中心とした大規模停電で、東京電力は十一日、東京都内で記者会見し、当初目指していた同日中の全面復旧について「見通しが立っていない」と明らかにした。雷雨で作業が中断したり日没で作業効率が下がったりしたことなどが原因と説明している。千葉県内では同日午後一時現在で約四十三万戸が停電。停電は三日目に入り、約二万戸の断水も続いている。 

 茨城、静岡両県の停電は十一日未明に復旧した。神奈川県では約四千戸で停電が解消されず、復旧作業を続けている。

 東電は当初、十日段階で千葉県内では五十万戸超だった停電を、十一日朝までに約十二万戸に減らし、同日中の全面復旧を目指すと説明していた。会見した東京電力パワーグリッドの金子禎則社長は「自然災害の甚大化は続いている。いかに復旧するかも含めてしっかり検証したい」と話した。

 東電によると、作業が遅れているのは、千葉県南部の木更津市や君津市など。停電地域で他電力の応援も含め約二千三百人態勢で復旧に当たり、百台を超える電源車を配置する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報