東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

北朝鮮船か、海保船を威嚇 日本海・大和堆 違法操業、警戒中

 日本海の好漁場・大和堆(やまとたい)周辺で八月下旬、外国漁船の違法操業の警戒に当たっていた海上保安庁の巡視船に対し、北朝鮮船とみられる高速艇が接近し、乗組員が小銃を向けて威嚇していたことが、海保への取材で分かった。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は十三日の記者会見で「北朝鮮船舶の可能性が高いとみて、北京の大使館ルートで厳重に抗議した」と明らかにした。

 海保によると八月二十三日午前、大和堆周辺で取り締まりをしていた水産庁の船から「船籍不明の高速艇が接近しているので対応してほしい」との通報を受け、巡視船が駆け付けたところ、能登半島の西北西三百七十八キロの海域で、高速艇と北朝鮮の国旗が描かれた貨物船のような船を確認した。高速艇はこの船の搭載艇とみられる。

 その後離れたが、二十四日午前九時ごろにも、警戒中の巡視船が同一とみられる二隻を発見。高速艇には北朝鮮海軍のような旗が掲げられ、一時巡視船から三十メートルまで接近した。

 艇内に迷彩服のような服を着た三人を確認し、一人は小銃を巡視船に向けて構え、一人はビデオ撮影をしていたという。発砲はなかった。巡視船が動向を注視していたところ、離れていった。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報