東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

マイクロ波で乳がん検査 痛くない「マンモ」 来年度治験

乳がん検査装置の実演をする神戸大の木村建次郎教授=神戸市内で

写真

 従来のマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)のような痛みや被ばくのリスクがない乳がんの検査装置を開発したと、神戸大の木村建次郎教授(応用物理学)らが十三日、発表した。微弱な電波を患部に当てることで乳がんの立体構造をモニターに画像化する。受診しやすい上、乳腺組織の密度が高い「高濃度乳房」での見落としも抑えられる。

 開発した装置は、がん細胞に微弱な電波(マイクロ波)を十分ほど照射し、反射した電波を検知して乳がんの立体構造を画像化する。大きさ〇・五ミリ程度のがんでも発見が可能。マイクロ波は微弱で人体への影響はないとしている。

 従来のマンモグラフィーでは乳腺もがんも白く写ってしまい、高濃度乳房での区別が難しかった。超音波検査も、深い位置にあるがんは見つけづらく診断にも差が出ることがあるのが課題だった。

 複数の病院の協力を得て患者ら約四百人に臨床研究として実施した結果、がんの見落としはなかった。二〇二〇年度中に国内承認を得るための治験に入り、二一年の販売開始を目指す。一台三千万〜五千万円になる見込み。

 厚生労働省はマンモグラフィーを受けることを勧めているが、乳房を挟んで痛みを伴うことなどから欧米に比べ受診率は低迷している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報