東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ふるさと納税サイトに特設枠 「令和元年台風15号」

 台風15号の被害からの復興のため、千葉県や被災自治体はふるさと納税を使った寄付金の受け付けを始めている。ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」では「令和元年台風15号」のコーナーが設けられ、十四日午後六時現在で、九千八百万円を超える寄付があった。寄付金は自治体が復興などのために使う。

 県は、十二日に同サイトに受け付けページを設置。十四日現在、千葉県と県内二十八市町、神奈川県鎌倉市、逗子市、静岡県東伊豆町、茨城県神栖市、鹿嶋市が寄付を受け付けている。

 同サイトでは、寄付したい自治体を選んでクレジット決済をすると、所得税や住んでいる自治体の住民税の還付や控除を受けることができる。千葉県鋸南(きょなん)町は、友好都市の長野県辰野町が事務作業軽減のため手続きを代行。寄付金は鋸南町へ届けられる。

 被災者に対する義援金は千葉県南房総市が十三日、受付口座を開設した。口座番号は「千葉銀行 千倉(チクラ)支店 普通 3197331」、口座名義は「南房総市会計管理者 石田 靖(ミナミボウソウシカイケイカンリシャ イシダ ヤスシ)」。県も近く義援金募集を行う方針。 (山田祐一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報