東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

台風15号1週間 停電7.2万戸 激甚指定へ調査

 台風15号による千葉県の広域停電は、発生から一週間となった十六日の午後十一時時点でも約七万二千戸で続いた。県内では午後にかけて強い雨が降り、館山市内では全域で一時避難勧告が出されたほか、台風で損壊した家屋で雨漏りが相次いだ。視察した武田良太防災担当相は、被災地支援のため「激甚災害指定」に向けた調査を急いでいることを明らかにした。

 千葉県では、十五日夜から十六日午後にかけて断続的に雨が降り続き、地域によっては一時土砂降りとなった。特に雨の強かった房総半島南部では、館山市で全域に、隣接する南房総市でも一部世帯に一時避難勧告が出された。

 鋸南(きょなん)町などを視察した武田氏は「調査結果を集約し、指定するかどうか検討を進めている」と記者団に述べた。激甚災害は道路などの被害額が一定基準を超える場合に指定され、自治体の復旧事業に対する国庫補助率が引き上げられる。

 県の十六日午後のまとめでは家屋被害は全壊三棟、半壊五棟、一部損壊約二千八百棟。ただ被害把握のできていない自治体もあり、さらに増える見込み。

 東電は引き続き約一万六千人態勢で復旧作業に当たり、解消された地域も増えている。連休明けの十七日には、八街市や館山市などで休校していた公立学校が再開する見通し。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報