東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

内定取り消しは違法 「HIV告げる必要なし」札幌地裁

 エイズウイルス(HIV)感染を告げなかったことを理由に、病院でのソーシャルワーカーの就職内定を取り消され精神的苦痛を受けたとして、北海道の三十代男性が病院を運営する社会福祉法人「北海道社会事業協会」(札幌市)に慰謝料など三百三十万円の支払いを求めた訴訟の判決で、札幌地裁(武藤貴明裁判長)は十七日、同協会に百六十五万円の支払いを命じた。

 武藤裁判長は「感染する危険は無視できるほど小さく、男性が感染を告げる必要があったとは言えない」と指摘し、内定取り消しは違法と判断。また以前受診した際のカルテを見て病院が感染を把握したことについても「医療情報の目的外使用で違法」とした上で「患者に寄り添うべき医療機関の使命を忘れ、HIV感染者に対する差別や偏見を助長しかねない」と非難した。

 判決後の記者会見で男性は「相手に感染を伝えることで不利益を受ける怖さに日々さらされながら生きてきた。社会の認識が少しずつ変わっていけば」と話した。

 判決によると、男性は二〇一七年十二月、協会傘下の病院の求人に応募。持病の有無を聞かれたがHIV感染は告げず、ソーシャルワーカーとして一八年二月付の採用が内定した。

 その後、以前に男性が受診した際に感染していることを記入したカルテを見た病院側から「話が違う」と電話があった。「就労に問題はなく、職場で他者に感染する心配もない」とする医師の診断書を病院側に送ったが、面接で虚偽の事実を述べたとして昨年一月、内定取り消しを通知された。

 国のガイドラインは、HIV感染を理由として、労務管理上不利益に扱うことを禁止している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報