東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

名馬たてがみ切り取られる 北海道で連続被害

写真

 北海道浦河町の観光施設「うらかわ優駿ビレッジアエル」で、一九九三年の日本ダービーを制したウイニングチケットのたてがみが切り取られていた=写真、うらかわ優駿ビレッジアエル提供=ことが、施設への取材で分かった。

 フリーマーケットアプリ「メルカリ」に同馬のたてがみと称するものが出品されていたことも判明した。

 切られていたのはウイニングチケットの黒いたてがみ幅約十センチ、長さ約二十センチで、十六日朝に施設関係者が見つけた。

 太田篤志マネジャーは「見学を不可にする牧場も出ている。出来心かもしれないが事の重大性が分かっていない」と憤った。北海道警浦河署に被害届を出す。

 道内では日高町の牧場「ヴェルサイユファーム」で十五日、競馬の殿堂入りしたことで知られる「タイキシャトル」とジャパンカップでの優勝経験もある「ローズキングダム」二頭のたてがみが切られているのが見つかっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報