東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

さいたまで小4男児遺体、殺害か 首絞められたような痕

小学4年の男児の遺体が発見された集合住宅=18日、さいたま市見沼区大谷で、本社ヘリ「あさづる」から(坂本亜由理撮影)

写真

 十七日午後八時二十分ごろ、さいたま市見沼区の集合住宅に住む母親(42)から「息子が英会話塾に出かけたまま帰ってこない」と一一〇番があった。付近を捜索していた埼玉県警大宮東署員が十八日未明、この集合住宅の敷地内で死亡している小学四年生の進藤遼佑(りょうすけ)さん(9つ)を発見した。 

 捜査関係者によると、進藤さんに目立った外傷はなかったが、靴を履いておらず、首に絞められたような痕があった。階段の踊り場付近にあるメーターボックスのような狭いスペース内から見つかった。

 県警は殺害された可能性が高いとみて、遺体を司法解剖して死因を調べるとともに、進藤さんの詳しい足取りなどを捜査している。

 県警によると、進藤さんは公務員の母親と無職の父親(32)との三人暮らし。一一〇番通報をした当時、両親は自宅にいたという。進藤さんはTシャツに半ズボン姿だった。

 実際には英会話塾には来ていなかったといい、県警は両親から詳しい事情を聴いている。

 現場は教職員住宅で、JR大宮駅から北東に約四・五キロの住宅街にある。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報