東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

さいたま 小4遺体、殺人と断定 別の場所で殺害か

 さいたま市見沼区の集合住宅で十八日、住人で市立大谷(おおや)小学校四年の進藤遼佑(りょうすけ)さん(9つ)が遺体で見つかった事件で、首に絞められたような痕があったことなどから、県警は殺人事件と断定し、大宮東署に特別捜査班を設置した。

 県警によると、進藤さんは自宅向かいの空き室の電気や水道のメーターを収納した「メーターボックス」の中でしゃがんだ状態で見つかった。県警は、ボックス内が狭く、進藤さんが襲われたり助けを求めたりする様子の目撃情報がないことなどから、別の場所で殺害され、運び込まれた可能性があるとみて捜査を進めている。

 捜査関係者らによると、メーターボックスは高さ約百八十センチ、幅約六十センチ、奥行き約四十センチで、鍵はない。進藤さんに目立った外傷はなかったが、首に絞められたような痕があった。衣服に乱れはなかったが、靴を履いていなかった。

 県警は遺体を司法解剖して死因を調べるとともに、進藤さんの詳しい足取りなどを捜査している。

 県警によると、進藤さんは県立学校教員の母親(42)と無職の父親(32)との三人暮らし。進藤さんの通う大谷小は十七日は午後三時十五分が下校時間だった。同六時前に帰宅した母親は、父親から「塾に行っている」と聞かされていたが、普段通りの時間に帰宅しなかったため、塾に問い合わせたところ、塾には来ていなかったことが分かった。

 大谷小は十八日夕、会見を開き、堺数太校長が進藤さんについて「本当に明るく元気。学校を一日も休まずに登校し、勉強も意欲的で友達も多くいつも遊んでいた」と説明。「昨日まで元気に登校していた児童が突然亡くなり、本当に深い悲しみでいっぱい」と声を詰まらせながら述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報