東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ひも状凶器で絞殺か さいたま小4遺体 塾に姿見せず

 さいたま市見沼区の集合住宅で住人の市立大谷(おおや)小学校四年の進藤遼佑(りょうすけ)さん(9つ)が遺体で見つかった事件で、埼玉県警は十九日、司法解剖の結果、死因は首の圧迫による窒息だったと明らかにした。ひものようなもので首を絞めた可能性があるとみて調べている。

 県警などによると、進藤さんは十七日午後三時十五分に下校。在宅していた父親(32)が同四時ごろに帰宅したのを確認したといい、同六時前に帰ってきた母親(42)に「英会話塾に行っている」と説明したという。

 帰宅が遅いことを心配した母親が午後八時二十分に一一〇番した。十八日未明、集合住宅二階の自宅にある向かいの空き室の「メーターボックス」内から、しゃがんだような状態の進藤さんの遺体が見つかった。ボックス内には塾用のリュックサックがあった。衣服に乱れはなかったが、靴は履いていなかった。

 英会話塾は自宅から約四キロ離れたJR大宮駅近くにあり、普段はバスで通っていた。しかし、十七日は午後五〜六時ごろに始まる塾の授業に出席していなかったことが分かっており、県警は、進藤さんが帰宅後の短い時間に襲われた可能性があるとみて、付近の防犯カメラ映像を解析するなど足取りを調べている。

 進藤さんは、県立高校教諭の母親と無職の父親との三人暮らし。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報