東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

さいたま小4遺棄容疑 義父逮捕 殺害関与も示唆

 さいたま市見沼区の集合住宅で、住人で市立大谷(おおや)小学校四年の進藤遼佑(りょうすけ)さん(9つ)の遺体が見つかった殺人事件で、埼玉県警は十九日、遺体を敷地内の「メーターボックス」内に隠したとして、死体遺棄の疑いで、同居の義父で無職の悠介容疑者(32)を逮捕した。県警によると、「遺体を見つからないようにするためにやった」と容疑を認め、殺害についても関与をほのめかしており、殺人容疑も視野に捜査を進める。

 逮捕容疑では、十七日夕、自宅のある集合住宅敷地内の電気や水道のメーターを収納したメーターボックスの中に、進藤さんの遺体を遺棄したとされる。

 県警によると、進藤さんは両親との三人暮らし。悠介容疑者は母親(42)の再婚相手で、進藤さんとの血縁関係はなかった。母親は家庭内でトラブルはなかったと話しているという。

 遺体は十八日未明、集合住宅二階の自宅の向かいにある空き室のメーターボックス内から、座った状態で見つかった。死因は首の圧迫による窒息で、ひものような物で絞められた可能性がある。衣服に乱れはなかったが、靴は履いていなかった。

 十七日午後六時ごろ、母親が帰宅した際、悠介容疑者は自宅にいて、進藤さんが英会話塾に行ったと伝えていたが、実際は欠席していた。塾用のリュックサックは遺体の近くのボックス内にあった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報