東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

さいたま小4遺棄 父、殺害認める 「血縁ないと言われ」

 さいたま市見沼区の集合住宅で、小学四年進藤遼佑(りょうすけ)さん(9つ)が殺害されて見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された同居の義父の無職進藤悠介容疑者(32)が殺害を認め、遼佑さんから血のつながりがないことを指摘されて腹を立てたと、動機をほのめかす供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。

 悠介容疑者は、自宅にあったひも状のもので「殺害してしまい、見つからないように遺体を隠した」と供述しており、埼玉県警は自宅で殺害後、遼佑さんの遺体を電気や水道の設備を収納するメーターボックスに隠したとみて調べている。県警は二十日、悠介容疑者の身柄を送検した。

 県警は、自宅から複数のひもを押収し、凶器の特定を進めている。

 悠介容疑者は、十七日午後六時ごろ帰宅した母親(42)に、遼佑さんは英会話塾に行ったと説明していたが、実際は欠席した。塾用のリュックサックがボックス内の遺体近くで見つかっており、県警は遼佑さんが家の外で何者かに襲われたように見せかける偽装工作だったとみて調べている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報