東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

さいたま小4殺害 「本当の親じゃない」に激高 父「コードで殺した」

 さいたま市見沼区の集合住宅で小学四年進藤遼佑(りょうすけ)さん(9つ)が殺害され見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された義父の無職進藤悠介容疑者(32)が殺害を認め、遼佑さんが学校で使う赤白帽子をなくしたため「捜すよう注意したら、『本当の父親じゃないのに』と言われ、腹が立って首を絞めた」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、悠介容疑者は「自宅にあった延長コードで殺害してしまい、妻に見つからないように遺体を隠した」とも供述。集合住宅二階の自宅で殺害した後、向かいの空き室にある電気や水道設備を収納するメーターボックス内に、遺体を隠したとみられる。凶器とみられるコードと遼佑さんが普段履いていた靴は、自宅の袋の中から見つかったという。

 埼玉県警は二十日、悠介容疑者を死体遺棄容疑で送検。送検容疑では、遼佑さんの遺体をメーターボックス内に遺棄したとされる。

 靴を履いておらず、ボックス内には英会話塾のリュックサックがあった。県警は、遼佑さんが塾に出掛けた後、家の外で何者かに襲われたと見せかけるためだったとみている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報