東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

関東でも風雨警戒 台風17号、東シナ海へ北上

台風17号が接近した那覇市で、歩道に横たわる折れた街路樹。奥は那覇市役所=21日午前

写真

 大型で強い台風17号は二十一日、沖縄に接近し、東シナ海に向け北上した。二十二日には対馬海峡付近から日本海へ移る見通し。日本の南の前線も暖かく湿った空気が入り、活動が活発となっている。気象庁は西日本を中心に暴風や大雨、海上のしけに警戒するよう呼び掛けている。レーダーの解析では、二十一日朝、宮崎市付近で一時間に一二〇ミリ以上の猛烈な雨となった。

 気象庁によると、台風は勢力を維持したまま、二十三日以降、北陸から北日本に近づくとみられ、こうした地域でも荒れた天候に警戒が必要だ。

 台風15号で被災した千葉県や伊豆諸島では二十三日にかけて、17号や前線の影響で風が強まり、断続的に雨の見込み。気象庁は復旧作業では安全に注意するよう求めている。

 二十二日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は沖縄、九州北部三〇メートル(四五メートル)、奄美二五メートル(三五メートル)。波の高さは沖縄一〇メートル、奄美、九州北部九メートル、九州南部八メートル、四国六メートル。

 台風17号は二十一日正午現在、久米島の西北西約一一〇キロを時速約二〇キロで北北西へ進んだ。中心気圧は九七〇ヘクトパスカルで最大風速三五メートル、最大瞬間風速五〇メートル。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報