東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

信号用の発電機 窃盗容疑で逮捕 千葉の台風被災地

 千葉県警は二十日、台風15号の影響で停電した同県芝山町で、信号機に非常用電源としてつながれた発電機を盗んだとして、窃盗の疑いで、同県成田市大竹の自称農業吉岡晃容疑者(38)を逮捕した。「コレクションするために盗んだ」と容疑を認めている。

 県警によると、停電した地域では、信号機に接続した発電機の盗難が相次いだ。吉岡容疑者宅からは発電機が十台見つかっており、県警は売却目的とみて関連を調べる。

 逮捕容疑は十八日夜から十九日早朝までの間、芝山町の路上で発電機一台と電源ケーブルの計二点(計約八万三千円相当)を盗んだとされる。町によると、現場のある地区は台風15号の影響で九日から二十日朝ごろにかけて停電していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報