東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

茨城の住宅で夫婦殺される 複数切り傷 中1重傷、小6けが

夫婦が死亡しているのが見つかった住宅(中央)=23日午後、茨城県境町で

写真

 二十三日午前零時四十分ごろ、茨城県境町若林の会社員小林光則さん(48)方から、女性の声で「助けて」と一一〇番があった。境署員らが駆け付けると、二階の寝室で小林さんと妻のパート従業員美和さん(50)が死亡しているのが見つかった。

 二人は首や顔に鋭利な刃物で切られたり刺されたりした複数の傷があり、県警は殺人事件と断定。何者かが凶器を準備して侵入したとみて、境署に捜査本部を設置した。

 県警によると、小林さんは一家五人暮らし。二階の別室にいた中学一年の長男(13)は両足と腕に切り傷があり重傷。小学六年の次女(11)も両手の痛みを訴え、いずれも病院に運ばれたが命に別条はない。長男と次女は二段ベッドで寝ており、次女は「スプレーのようなものをかけられた」と話している。

 現場から凶器やスプレーは見つかっておらず一階にいた大学三年の長女(21)にけがはなかった。長女は「物音やサイレンの音で気付いた」と話しているという。

 夫婦は寝室の布団の上で小林さんがあおむけ、美和さんが横向きに倒れていた。就寝中に襲われ、美和さんが寝室にあった固定電話の子機から一一〇番したとみられる。小林さん宅には無施錠の場所が複数あったといい、県警は詳しい状況を調べている。現場に目立って荒らされた形跡はなかった。現場は千葉県との県境に近い畑や住宅が点在する地域。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報