東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

茨城・家族殺傷 長男「襲ったのは1人」 付近の林にスリッパ

 茨城県境町の住宅で会社員小林光則さん(48)と妻のパート従業員美和さん(50)が殺害され、子ども二人が重軽傷を負った事件で、両足や腕を切られて重傷を負った中学一年の長男(13)が「暗くて顔は見えなかったが、自分を襲ったのは一人だったと思う」と話していることが、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、小林さん方から約二十メートル離れた林に、スリッパが落ちていたことも判明。境署捜査本部は犯人が室内でスリッパを履き、そのまま外に出た可能性があるとみて調べている。

 小林さん方は住宅地から離れた林の中にあり、スリッパは県警が周囲を捜索中に見つかった。小林さん宅にあったものかどうかは不明という。小林さん方は窓に加えて無施錠のドアもあったといい、捜査本部は犯人が鍵の掛かっていない場所から侵入したとみて、現場検証して詳しく調べる。

 捜査本部によると、二十三日午前零時四十分ごろ、美和さんとみられる女性の声で「助けて」と一一〇番があり、署員が駆け付けたところ、二階寝室で夫婦が死亡。首や顔に鋭利な刃物による複数の傷があった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報