東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

茨城殺傷 夫婦の刺し傷、上半身に集中

 茨城県境町の住宅で会社員小林光則さん(48)と妻のパート従業員美和さん(50)が殺害され、子ども二人が重軽傷を負った事件で、小林さん夫婦の刺し傷は上半身の正面に集中しており、争った際にできたとみられる傷もあったことが、捜査関係者への取材で分かった。境署捜査本部は二階の寝室で寝ていた夫婦が逃げる間もなく襲われたとみて調べている。

 捜査関係者によると、二階の子ども部屋で寝ていた中学一年の長男(13)と小学六年の次女(11)が「無言で(犯人に)襲われた」と話していることも判明。長男は両足と腕を切られ、次女は「スプレーのようなものをかけられた」と両手の痛みを訴えており、犯人が凶器を準備して次々に襲ったとみられる。

 捜査本部によると、二十三日午前零時四十分ごろ、美和さんとみられる女性の声で「助けて」と一一〇番。司法解剖の結果、小林さんは胸、美和さんは首を刃物で刺されたことによる失血死で、二人とも顔や首、胸などに多数の傷があった。捜査関係者によると、胸の傷が特に深く、小林さんは肺に達する傷があった。長男と次女は「帽子をかぶりマスクをした人に襲われた」とも話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報