東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

愛知知事「不自由展 再開目指す」 検証委が中間報告

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題を巡り、愛知県が設置した検証委員会は二十五日、会議を県庁で開き、「条件が整い次第、速やかに再開すべきだ」と提言する中間報告をまとめた。トリエンナーレ実行委員会会長の大村秀章知事は記者会見を開き「再開を目指したい。芸術祭の会期は迫っており、作業を急がないといけない」と述べた。

 中間報告で、騒動の最大の原因にトリエンナーレ芸術監督を務める津田大介さんの組織運営の不備を挙げ「無理があり、混乱が生じることを予見しながら展示を強行した」と批判。「表現の自由」への着眼は妥当と評価したが、展示は政治性を帯びた作品が多いとし「効果的に伝えるものと言いがたく、多くの欠陥があった」と指摘した。

 再開の条件には(1)電話やファクスなどによる脅迫や攻撃リスクの回避(2)展示方法や解説の改善(3)写真撮影や会員制交流サイト(SNS)による拡散防止−を盛り込んだ。海外作家は中止の判断を「実質的検閲」と認識しているとして、意思疎通が必須とした。中止判断については「差し迫った危険の下の判断でやむを得ず、表現の自由の不当な制限には当たらない」とした。

 大村知事は会見で「トラブルを招いたことを真摯(しんし)に受け止める」と述べ、津田さんに厳重注意したと明らかにした。再開の時期は明言を避けた。

 津田さんも県庁で会見し、不自由展の開催に「トリエンナーレに不可欠との意識があり、勇み足をした部分があった。厳粛に受け止める」と述べた。芸術監督を続ける意向も示した。

 実行委会長代行の河村たかし名古屋市長は市内で取材に応じ、再開について「とんでもないことだ」と反対した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報