東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

アポ電強盗で4人逮捕 渋谷事件 2000万円強奪疑い

 東京都渋谷区初台の高齢夫婦宅で今年一月、現金の保管状況を尋ねる「アポ電」の後に現金約二千万円が奪われた事件で、警視庁は二十六日、強盗致傷などの疑いで、横浜市泉区中田西一、佐藤翔太容疑者(24)ら職業不詳の男四人を逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、横浜市泉区和泉町、渡辺優成(23)、同所、岩崎達也(27)、神奈川県綾瀬市大上五、三枝和也(25)の三容疑者。四人とも「知らない」などと容疑を否認している。

 アポ電強盗は二月、渋谷区笹塚、江東区東陽でも相次ぎ、この二事件に関与したとして、須江拓貴被告(22)ら男五人が強盗致死罪などで逮捕、起訴されている。捜査一課は、須江被告らと佐藤容疑者らは別グループだったとみている。

 逮捕容疑では、一月十一日午前三時四十五分ごろ、渋谷区初台一の高齢夫婦宅に侵入し、住人の男性(93)と妻(87)の両手首を緊縛し約二千万円を奪ったうえ、男性に胸の骨を折るなどのけがを負わせたとされる。

 一課によると、事件の二日前には、息子を名乗る男から「取引でトラブルを起こした。いくら準備できるか」とアポ電があり、男性が金額などを答えていた。四人は夫婦宅の玄関のインターホンを押して訪問客を装い、侵入したという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報