東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

松戸女児殺害 弁護側が無罪主張 控訴審初公判「事実誤認ある」

 二〇一七年に千葉県松戸市のベトナム国籍の小学三年生、レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9つ)=を殺害したとして殺人などの罪に問われ、千葉地裁の裁判員裁判で無期懲役判決を受けた元保護者会長渋谷恭正(やすまさ)被告(48)の控訴審初公判が二十六日、東京高裁(平木正洋裁判長)であった。弁護側は「一審判決には重大な事実誤認がある」と改めて無罪を主張し、一審で死刑を求刑していた検察側は量刑不当を訴えた。

 弁護側は「渋谷さんは犯人ではない」とした上で、警察官がマンションのごみ集積所からたばこの吸い殻を採取したことについて「私有地に無断で侵入し、DNA型の情報を得た。違法に収集した証拠は排除されなければならない」と主張。検察側は「吸い殻は捨てたもので、被告は集積所を管理しているわけでもない」などと正当性を訴えた上で、「犯行は残虐で計画的。死刑が相当」とした。

 一審千葉地裁は昨年七月、遺体の付着物からリンさんと渋谷被告のものが混ざったDNA型が検出されたことなどから、「被告が犯人だと非常に強く推認される」と判断した上で、「殺害方法の残虐性が高いとは認められない」などとして死刑を回避。弁護側と検察側の双方が控訴していた。

 一審判決によると、一七年三月二十四日、登校中のリンさんを軽乗用車に乗せて連れ去り、わいせつな行為をした上、首を圧迫して窒息死させ、同県我孫子市内の排水路脇に遺棄した。

◆リンさんの父「厳しい処罰を」

控訴審初公判前に記者の質問に答える、被害者レェ・ティ・ニャット・リンさんの父レェ・アイン・ハオさん=26日、東京・霞が関で

写真

 「もう少し待っててね」

 レェ・ティ・ニャット・リンさんの遺体が見つかってから二年半となる二十六日、父親のレェ・アイン・ハオさん(37)は、リンさんにこう声を掛けて自宅を出た。東京高裁前で報道陣の取材に応じたハオさんは、硬い表情で「(一審判決は)とても不満。死刑判決を下してほしい」と話した。

 リンさんは、小学校の修了式に出席するため自宅を出た後、行方不明になり、二日後に遺体で見つかった。事件当時、渋谷恭正被告はリンさんが通っていた小学校の保護者会長を務め、通学路での見守り活動もしていた。リンさんとは見守り時にハイタッチするなど面識があったとされる。

 一審の公判で、渋谷被告は無罪を主張。被告人質問では、リンさんが行方不明になった当日の行動を「釣りの準備や下見をしていた」と説明した。弁護側は「被告のDNA型が捜査機関によって意図的に混入された」と主張し、DNA型鑑定の信用性が主な争点となった。

 ハオさんは報道陣に、渋谷被告について「罪を全く認めようとしない態度で、許せない」と非難。「厳しく処罰しないと、同じような事件がまた起きてしまう」と訴えた。

 「事件のことを知ってほしい」と、ハオさんはホームページでリンさんの写真や動画などを公開。死刑判決を求める署名活動を続けてきた。これまでに約百三十四万人分が集まったという。

 「リンちゃんが生きていたら、もう六年生。正しい判決をお願いします」と話し、法廷に向かった。 (小野沢健太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報