東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

国が着陸減打診→成田断る 台風15号時、多数足止め

 台風15号の影響で最大一万七千人が成田空港に足止めされた問題で、成田国際空港会社(NAA)は二十六日、国土交通省から着陸便を減らすよう打診されたが、断っていたことを明らかにした。田村明比古社長は記者会見で「利用客に大変な不便と迷惑をかけた」と陳謝した。

 成田空港は台風が通過した九日午前中に離着陸が可能になったが、鉄道や高速道路などは復旧しておらず、多くの利用客がロビーなどで夜を明かした。

 国交省成田空港事務所によると、同事務所は九日午後一時ごろ、近隣空港から成田に向かう便の着陸制限をする必要があるかNAAに打診したが、断られたという。NAAは午後六時ごろになって、到着便を羽田空港に振り替える相談を同事務所にしたが、三便しか実現しなかった。

 田村社長は「着陸制限はずっと検討していた」としながら、「国や航空会社、関係事業者と事前に十分な打ち合わせや訓練をしておかないと、適切な判断は難しかった」と釈明。「あらかじめ滞留者を増やさない体制を関係者で構築しておくべきだった」と述べた。 (小沢伸介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報