東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大嘗祭の新米収穫 栃木と京都、斎田抜穂の儀

大嘗祭で使う新米を収穫する神事「斎田抜穂の儀」で稲を刈り取る「大田主」の石塚毅男さん(左から2人目)ら関係者=27日午前、栃木県高根沢町で

写真

 天皇陛下の即位に伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」に使う新米を収穫する「斎田抜穂(さいでんぬきほ)の儀」が二十七日、栃木県高根沢町の「悠紀(ゆき)斎田」と京都府南丹市の「主基(すき)斎田」で、それぞれ古式衣装を着た耕作者の「大田主(おおたぬし)」らによって行われた。

 高根沢町では、福田富一知事ら十人が参列して午前十時に始まった。特設の斎場で陛下の使いである抜穂使(ぬきほし)が祝詞(のりと)を読み、白張黄単(はくちょうきひとえ)という特別な衣装を着た大田主の石塚毅男さん(55)を先頭に、儀式を手伝う奉耕者(ほうこうしゃ)十人が斎田に入った。石塚さんらが四束の稲を刈り取って斎場へ運び、抜穂使に検分してもらった後、稲を保管する「稲実殿(いなのみでん)」に納めた。

 南丹市でも同時刻に西脇隆俊知事らが参列し、大田主の中川久夫さん(75)を中心に儀式が行われた。

 どちらの斎田も午後に機械を使って稲刈りをする。それぞれ一八七・五キロが皇居へ送られ、来月中に皇居・東御苑に建設中の大嘗宮の一角で「新穀供納(しんこくきょうのう)式」が行われる見通し。新米は宮内庁が買い取る。

 大嘗祭は、大嘗宮で十一月十四日から十五日にかけて中心儀式が行われる。陛下は神々に新米と、新米で醸造した白酒(しろき)と黒酒(くろき)を供え、国の安寧と五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈られる。儀式の参列者を招く祝宴「大饗(だいきょう)の儀」の料理にも新米が使われる。 (阿部博行)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報