東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「悲劇繰り返さない」 御嶽山噴火から5年

慰霊碑に刻まれた犠牲者の名前に触れる遺族。後方は御嶽山=27日午前、長野県王滝村で(内山田正夫撮影)

写真

 五十八人が死亡、五人が行方不明となった二〇一四年の御嶽山(長野・岐阜県、三、〇六七メートル)の噴火から二十七日で五年となり、麓の長野県王滝村で追悼式が開かれた。遺族らは悲しみをこらえるように手を合わせ、犠牲者をしのんだ。

 式典で、当時三十七歳だった息子を亡くした高木能成さんは遺族を代表し、「なぜ死ななければいけなかったのか。悲しみは減らない。災害を繰り返してはならない」とあいさつした。

 式典には遺族らのほか、王滝村の瀬戸普(ひろし)村長や長野県木曽町の原久仁男町長らが参加し、発生時刻となる午前十一時五十二分に合わせて黙とう。

 黒いスーツを着た遺族らは、慰霊碑の前に置かれた献花台に沈痛な面持ちで花を手向けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報