東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「ただ、夢中だった」 新王位、木村一基九段 笑顔と涙で振り返る 46歳の初タイトル

 「究極の矛と盾」の対決は、「受け師」に軍配が上がった。二十六日、東京都内で指し継がれた将棋の第六十期王位戦七番勝負(東京新聞主催)の最終第七局。豊島将之王位(29)=名人=から初タイトルを奪取した木村一基九段(46)は「まあ、うれしいです」と控えめに言葉をつむいだ。(樋口薫)

終局後、対戦の感想を話す木村一基王位(写真はいずれも26日、東京都内のホテルで)

写真

 「タイトルはもう縁がないと思っていた。なぜ取れたか分からない、ただ夢中だった」。数多くの報道陣に囲まれた木村一基新王位は、笑顔と涙で初タイトルまでの長い道のりを振り返った。

 四十六歳での快挙に称賛が集まったが「年を取ることに、いいイメージは一つもない。今回、三年ぶりの王位戦は以前より疲れも出て、戸惑いながらやっていました」。それでも結果を出せた理由を聞かれ、「一生懸命やった結果。精いっぱいやったとしか言えない」と朗らかに答えた。

終局後、対戦の感想を話す木村一基王位=東京都内のホテルで

写真

 これまで遠かった「あと一勝」。三勝三敗のタイで迎えた最終局は「悔いの残らぬようにとか、一生懸命やろうとか考えたけど、いつも通りだった」と、平常心で臨めたという。眠れないことが多かった対局一日目の夜も「とてもよく寝られました」。

家族への思い尋ねられ涙

 こみ上げたものが抑えられなくなったのは、家族への思いを尋ねられた時だった。眼鏡を外して手ぬぐいで何度も目元を押さえ「家に帰ってから伝えたいと思います」と絞り出した。

記者の質問に涙を流す木村一基王位

写真

 タイトル挑戦七回のうち、王位戦は四回目と相性が良い棋戦。「挑戦者決定リーグに残留できるよう、しがみついていたら、たまたまいい結果が出た」。今後については「年齢的にどんどんきつくなっていく。自分なりに研究の時間を増やして頑張るしかない」と決意を述べた。

4五桂 決め手に

 振り駒で先手となった豊島は二日目、封じ手の7四桂(七十一手目)から攻めに出た。対する木村は7二金(七十四手目)などと受けた後、6九角(八十四手目)と踏み込んだ。

 木村は3六金(九十二手目)から畳み掛け、中盤で打った桂を活用する4五桂(百二手目)が決め手。豊島は2三金(百七手目)から木村玉に迫ったが、2二飛(百十手目)の合駒で詰まず、豊島が頭を下げた。

 七番勝負は木村の受け、豊島の攻めと、両者の棋風が際立つ展開に。木村は出だし二連敗からフルセットに持ち込み、最終局は会心の指し回しで栄冠を手にした。木村は二〇〇五年以降、六度のタイトル戦でいずれも敗退したが、七度目の挑戦で悲願をかなえた。一時は三冠だった豊島は、棋聖に続き王位も失冠し、名人のみに後退した。

終盤ペース握れた

 ◆木村一基新王位の話 封じ手辺りはちょっと押さえ込まれそうになり、失敗したかと思いました。ずっと難しい展開でしたが、終盤の4五桂(百二手目)が感触のいい手でペースを握れたかなと。うまく指せたシリーズでした。 

終局後、対戦の感想を話す豊島将之前王位(手前右)。奥左は木村一基王位

写真

実力不足でした

 ◆豊島将之前王位の話 封じ手辺りで間違えた気がします。その7四桂(七十一手目)や6八玉(七十三手目)がおかしかったですかね。第二局からの三局は序盤がさえず、第六局と本局は長考して悪い手を指すなど、実力不足でした。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報