東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

五輪観戦券6900枚不正購入 虚偽情報でID 組織委、無効扱いへ

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピック組織委員会は二十七日、五月に行った五輪チケットの一次抽選販売で、虚偽の個人情報を使ってIDが約三万件不正に取得され、うち約千二百件でチケットが当選して約六千九百枚が購入されたと発表した。価格は総額で約一億八千万円に上るという。規約違反のため無効化し、払い戻しはしない方針。

 組織委は、ある特定のグループが組織的に行ったとみており、既に警視庁に相談している。海外からアクセスされた可能性を示す状況もあるが、断定はできないという。不正をしたグループが複数なのかや、発覚の時期や経緯、手口などについて、組織委は今後の対策への影響などを理由に説明を拒んだ。購入されたチケットの詳細も明かしていないが人気競技も含まれるという。

 今後はまず千二百件を詳細に調べ、不正を最終的に確認した上で無効化の手続きを取る。五輪チケットは秋に二次抽選を行うほか、来春以降に販売所を設けるが、無効となったチケットは何らかの形で改めて売り出す方針。

 IDは抽選に参加するために氏名や住所などを登録してつくるもので、二十七日時点で七百七十万件余りとなっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報