東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

目黒虐待死 父に懲役18年求刑 検察側「言葉失うほど悪質」

船戸雄大被告

写真

 東京都目黒区で昨年三月、両親に虐待された船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5つ)=が死亡した事件で、傷害や保護責任者遺棄致死などの罪に問われた継父の雄大(ゆうだい)被告(34)の裁判員裁判の論告求刑公判が七日、東京地裁(守下実裁判長)であった。検察側は「わずか五歳の被害者に苛烈な虐待を続け、要保護状態になっても放置した。責任は極めて重く悪質だ」として懲役十八年を求刑した。弁護側は懲役九年が相当と主張し結審。判決は十五日に言い渡される。

 検察側は論告で「食事制限を一カ月以上課した上、手加減なく暴力を振るった」と指摘。「被害者が空腹や暴力への苦痛をどれだけ感じたか、察するにあまりある。子どもを何だと思っているのか。犯行態様は言葉を失うほど悪質だ」と非難した。

 「死亡の三日前に体重を量った際、『一二キロ台はやばい』と発言しており、生命の危険を感じていた」として、数日前から危険を認識していたと指摘した。

 弁護側は最終弁論で、雄大被告が結愛ちゃんの生命の危機を認識したのは死亡前日だったと強調。「ほかの保護責任者遺棄致死事件と比べ、保護しなかった期間が長いとは言えない」として、懲役九年の判決が相当だと主張した。

 最後に意見を求められた雄大被告は、「本当に本当に申し訳ありませんでした。本当にごめんなさい」と涙声で謝罪を口にした。

 起訴状によると、雄大被告は昨年二月下旬ごろ、結愛ちゃんの顔を多数回殴るなどしてけがをさせた上、元妻の優里(ゆり)被告(27)=一審で懲役八年判決、控訴=と共謀し、虐待の発覚を恐れて病院に連れて行かず、三月二日に肺炎による敗血症で死亡させたとされる。

 結愛ちゃんは「パパ ママ もうおねがい ゆるして」などとノートに記述。親による子への体罰を禁じる法改正のきっかけとなった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報