東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

神戸 教諭いじめ、同僚黙認か 20代の3人も被害

 神戸市立東須磨小の教諭四人が同僚の教員四人をいじめていた問題で、昨年の段階で周囲の複数の教職員が職員室での暴言などを見聞きしていたのに管理職に報告していなかったことが、市教育委員会への取材で分かった。「加害者はリーダー的存在で言い出しづらかった」と説明しているという。

 問題を受け、市教委は市立小中学校と幼稚園の計約三百校で、教職員間の暴力や嫌がらせに関する緊急アンケートを実施する。

 市教委によると、二十代男性教諭に対する暴言や暴行は昨年から始まった。ただ、見かねた同僚が教頭に報告したのは今年六月だった。その間に、他の二十代教員三人も暴言やセクハラの被害を受けていた。

 加害者の四人は三十代男性三人と四十代女性一人。いずれも学校運営の中心的存在で、子どものいじめ防止の取り組みにも関わっていた。市教委は加害者や校長らの処分を検討するとともに、有識者を交えて問題を検証して再発防止を図るとしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報