東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大型台風19号 12日上陸か JR東など計画運休可能性

写真

 大型で猛烈な台風19号は十二〜十三日に非常に強い勢力で西日本から東日本へ接近・上陸し、広範囲で暴風や大雨、高波、高潮の恐れがある。接近時の勢力は、千葉県を中心に大規模な停電被害をもたらした九月の台風15号や、関西空港などに大きな被害が出た昨年の台風21号に匹敵すると予想され、気象庁は九日の記者会見で「命を守るため、早めの対策、避難をしてほしい」と呼び掛けた。

 台風の接近・上陸予想の三日前に気象庁が会見を開くのは異例。十二日からの三連休は、交通機関やラグビー・ワールドカップ(W杯)などのイベントへの影響が懸念される。

 気象庁によると、台風19号は九日、小笠原近海を北西に進んだ。今後北上してやや衰えるが、「非常に強い」勢力を保って十二日に紀伊半島沖に達し、十三日に東北の東海上に進む見通し。

 西日本・東日本の太平洋側では十一日から大雨になり、通過までの総雨量が増える恐れがある。

 十二〜十三日は大潮で潮位が高くなり、台風が接近する地域では高潮や高波による浸水にも警戒が必要だ。

 JR東日本やJR東海は十二日から十三日にかけて、事前に運転取りやめの時間や範囲を決める「計画運休」になったり、遅れが相次いだりする可能性があるとし、ホームページに情報を掲載して注意を呼び掛けている。東海道新幹線は東京−新大阪間の全線で影響が出る可能性がある。他の鉄道各社も状況を見極めて判断する方針。

 日航や全日空も欠航便が出る恐れがあるとしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報