東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

破顔「まさか、まさか」 「まだ謎だらけ。わくわく」 吉野氏ノーベル化学賞

ノーベル化学賞の受賞が決まり、記者会見で笑顔を見せる吉野彰旭化成名誉フェロー=9日、東京都千代田区で

写真

 「絶対取る」と信じていたが、受賞が決まった時は「まさか」だった−。ノーベル化学賞に決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)は九日夜、東京都千代田区の旭化成本社で会見し、受賞決定の喜びと開発の苦労を語った。ユーモラスな語り口で温暖化やエネルギーといった環境問題の解決の道を示した。 (三輪喜人)

 「アキラ ヨシノ」。午後六時四十五分すぎ、スウェーデン王立科学アカデミーが名前を読み上げると、会見場に詰め掛けた百人以上の社員から「やった」「すごい」と歓喜の声が上がった。

 記者会見で、「いま大変興奮している」と切りだした吉野さん。「ノーベル化学賞はフィールドが広い。順番が回ってこない。もし来たら絶対取ると思っていたが『まさか、まさか』だった」と明かした。

 前日の物理学賞の発表をインターネットで見て、「あの場で自分の名前が呼ばれたらいいな」と思っていた。「その通りになった。突然のお話なので、戸惑いの方が強かった」。妻の久美子さん(71)に報告すると「腰を抜かすほど驚いていた」と満面の笑みで答えた。

 研究者には「頭が柔らかい柔軟性」と、「諦めない執着心」という二つが必要だと感じている。「剛と柔のバランスを取ること」と語った。

 従来の電池よりも小型で軽量なリチウムイオン電池。画期的な発明だったが、三年ほど、まったく売れない時期があった。「精神的にも肉体的にもきつい。研究開発費や設備投資も膨らんでいた。真綿で首を絞められるような気持ちだった」

 ところが、一九九五年に突然売れ始めた。IT革命の始まりだった。「IT革命というとんでもない変革とともに生まれた」

 携帯電話などモバイル端末に採用され、普及していった。ただ、吉野さんは五年前にスマートフォンを使い始めるまで携帯電話を持たず、「便利さを実感していなかった」。

 リチウムイオン電池はスマホなどのモバイル向けから、電気自動車(EV)へと応用が広がり、温暖化といった環境問題の対策になるかもしれない。「環境問題に答えを出してくれると、ストックホルムは期待していた。環境問題での一つの解決策を提供する」と話した。

 京都大で石油化学を学び、「世界を相手にしながら企業で研究開発する方がいい」と旭化成に入社。同社一筋で研究を続け、新しい技術の種を探し続けた。

 リチウムイオン電池はまだまだ進化するという。「謎だらけ。わくわくしている」と好奇心たっぷりの顔をのぞかせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報