東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

吉野彰氏、ノーベル賞 化学賞 リチウムイオン電池開発

ノーベル化学賞の受賞が決まり笑顔を見せる吉野彰氏。会見では「研究者には柔軟性と執着心の二つが必要」と語った=9日午後、東京都千代田区で(市川和宏撮影)

写真

 スウェーデン王立科学アカデミーは九日、二〇一九年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)、ジョン・グッドイナフ米テキサス大オースティン校教授(97)、マイケル・スタンリー・ウィッティンガム米ニューヨーク州立大ビンガムトン校特別教授(77)の三氏に授与すると発表した。授賞理由は「リチウムイオン電池の開発」。同電池が携帯電話から電気自動車(EV)まで電源として広く用いられ、情報化社会の広がりとクリーンエネルギーの普及に貢献したことが評価された。

 リチウムイオン電池は、実用化されている充電可能な電池の中で最も力持ちだ。グッドイナフ氏は、一九七八年から英オックスフォード大で電池の研究に取り組んだ。正の電極(正極)にコバルト酸リチウムを用いることで、電圧が高くて何回も充電して使える電池ができる可能性を示した。

 吉野氏は、二〇〇〇年にノーベル化学賞を受けた白川英樹氏が発見した電気を通すプラスチック「ポリアセチレン」を負の電極(負極)として使い、コバルト酸リチウムを正極として電池の原型を製作した。

 その後、負極を炭素繊維に変え、正負の電極が触れ合ってショートしないよう仕切るセパレーターなど、独自の構造を工夫し、八五年に実用的なリチウムイオン電池を開発した。

 旭化成本社(東京都千代田区)で会見した吉野さんは「研究者には柔軟性と執着心の二つが必要。かたいばかりではめげる。壁にぶちあたっても『まあ、なんとかなるわね』という柔らかさがいる」と開発の苦労を振り返った。

 化学賞の受賞は二〇一〇年の鈴木章、根岸英一両氏に続き八人目となる。日本人のノーベル賞受賞は計二十七人となった(受賞時に米国籍の二人を含む)。

 授賞式は十二月十日にストックホルムで開かれる。賞金は九百万クローナ(約九千七百万円)を三人で等分する。吉野さんは一八年に中日文化賞を受賞している。

◆スマホからEVまで、蓄電革命 自然エネルギー変革の鍵にも

 スマートフォンやノートパソコン、カメラに電気自動車(EV)。身の回りにあふれるリチウムイオン電池は、単に機械を動かすだけではなく、インターネット社会を支えるインフラになった。それだけではなく近い将来、自然エネルギーの有効利用を支える鍵となり、社会の仕組みを変える力を秘めている。

 リチウムイオン電池は、それまでのニッケル水素電池と比べて、小型軽量、高電圧で、千回以上も繰り返し使えた。ビデオカメラをはじめ、携帯電話やノートパソコンなどモバイル端末に次々と採用された。

 一九九一年、ソニーが世界で初めて量産化に成功。翌年、旭化成は東芝と合弁会社を設立して参入。三洋電機と松下電器産業(現パナソニック)も加わり、日本企業が市場を席巻した。IT革命の下支えとなり世界を一変させた。

 今回ノーベル賞に決まった旭化成の吉野彰さんは、リチウムイオン電池が次の大きな変革を起こし、もう一度、世界を変える可能性があるとみている。

 その名も「ET革命」だ。Eはエネルギーや環境、Tは技術のテクノロジーを表す。核になるのは電気自動車だ。

 吉野さんが想像する近未来は、無人の自動運転車が実現した社会。そこでは、マイカーを持つという考えは薄まり、車に乗りたいときはスマホで呼び出せば、すぐにやってくる。

 リチウムイオン電池を搭載するEVは、動く大きな蓄電池ともいえる。太陽光発電や風力発電などは、計画的に電気を起こせないことが弱点だ。発電した電力を蓄えておく必要がある。

 発電した電気をためたEVは集まれば、巨大な蓄電システムになる。もし台風や地震などで停電が起きれば、EVが電気を放出し、供給することもできる。そんな社会を描く。

 発電に不安定さを抱える自然エネルギーには蓄電システムが欠かせない。リチウムイオン電池が切り札になるかもしれない。 (三輪喜人)

<よしの・あきら> 1948年、大阪府吹田市生まれ。70年京都大工学部石油化学科卒、72年京大大学院工学研究科を修了し、旭化成工業(現旭化成)に入社。電池材料事業開発室長などを経て、2003年に同社フェロー。05年に同社吉野研究室長、15年顧問。17年から名誉フェロー、名城大教授。04年に紫綬褒章受章。18年に日本国際賞、19年に欧州特許庁の欧州発明家賞を受賞。神奈川県藤沢市在住。71歳。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報