東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

台風上陸、多摩川氾濫 12都県で大雨特別警報

多摩川の増水で水没した兵庫島公園のトイレ(手前左)=12日午後5時20分、東京都世田谷区で(戸田泰雅撮影)

写真

 大型で強い台風19号は十二日午後七時前、伊豆半島に上陸した。関東を縦断して十三日は東北沖に達する見通し。共同通信の集計で竜巻とみられる突風や土砂崩れで二人が死亡し、六人が行方不明になった。負傷者は二十四都府県の七十五人に上った。気象庁は十二都県の自治体に大雨特別警報を発表。大雨・洪水警戒レベルで最高の5に相当し、最大級の警戒や避難を求めた。高波や高潮、土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫が相次ぎ、多摩川も東京都世田谷区玉川(左岸)付近で氾濫した。

 特別警報の対象は東京都のほか、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、神奈川、新潟、山梨、長野、静岡各県。一度の災害で十二都県に発表されたのは過去最多。これらのうち宮城、茨城、栃木各県を除く九都県は初めて発表された。十三日も東日本や東北を中心に記録的な暴風が吹き、大雨となる地域がありそうだ。

 千葉県市原市では十二日午前、竜巻のような突風が原因とみられる車両横転や住宅損壊で一人が死亡、八人が負傷。静岡県御殿場市では水路に二人が流され、一人が救助されもう一人の行方が分からなくなった。

 群馬県富岡市では土砂崩れが発生。一時三人と連絡が取れなくなり、救助された一人が死亡した。相模原市でも土砂崩れが起き、住宅三棟が全壊した。

 十日からの総降水量は神奈川県箱根町で一〇〇〇ミリ、静岡県伊豆市で七〇〇ミリを突破。東京・神津島で十二日、四四・八メートルの最大瞬間風速を観測した。

 交通機関は、十三日は首都圏のJR在来線が昼ごろまで運転を見合わせる見通し。東海道新幹線も始発から運休する可能性が高い。

 台風は十二日午後九時現在、川崎市付近を時速約四〇キロで北北東に進んだ。中心気圧は九六〇ヘクトパスカル、最大風速は四〇メートル、最大瞬間風速は五五メートル。中心の南東側三三〇キロ以内と北西側二六〇キロ以内は風速二五メートル以上の暴風域。十二日午後六時に「大型で非常に強い台風」から「大型で強い台風」に変わった。

 内閣府は十二日、東京、群馬、長野の三都県の五十七市町村に災害救助法が適用されたと発表。政府は同日、首相官邸の情報連絡室を官邸対策室に格上げした。

     ◇

 台風19号による降雨の影響で十二日、国土交通省千曲川河川事務所によると、長野県上田市と長野市で千曲川が氾濫した。ほかに東京都八王子市の南浅川と青梅市の成木川、静岡県菊川市の牛淵川、埼玉県東松山市の荒川水系・都幾川も、各自治体などによると氾濫した。国交省は多摩川や荒川、相模川など四十以上の河川の観測所で、氾濫危険水位を超えたと明らかにした。記者会見した関東地方整備局(さいたま市)の高畑栄治河川調査官は、荒川と多摩川で氾濫危険水位に到達したと発表した。

◆首都圏38万戸停電

 東京電力によると、首都圏では十二日午後十時現在、神奈川県内で約十四万九千戸、千葉県内で約十二万七千戸など計約三十八万戸が停電している。

 千葉県では南房総市で約一万六百戸、市原市で約九千八百戸など県内全域で発生。神奈川県では川崎市高津区が約一万三千戸、横須賀市で約二万二千戸、鎌倉市は約一万八千戸など。東京都内は世田谷、大田、江戸川、墨田各区などで停電が目立っている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報