東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

有楽町スバル座 惜しまれて終幕 戦後間もなく開館

閉館を迎えた映画館「有楽町スバル座」=20日午後、東京都千代田区で

写真

 戦後間もなく東京都心にオープンした映画館で、焼失と再開館を経た後も人々に親しまれてきた「有楽町スバル座」(東京都千代田区)が二十日閉館した。施設の老朽化が主な理由という。

 最後の上映作品は大林宣彦監督の「花筐(はながたみ) HANAGATAMI」。上映後のイベントには、大林監督や出演者の常盤貴子さんらが登壇し、劇場スタッフに花束を手渡した。常盤さんは「閉館は寂しいですが、映画はずっとつながっていく」と観客に語り掛けた。

 同館は一九四六年に「丸の内スバル座」として開館した。新作映画を先行上映するロードショー劇場の先駆けとして人気を博したが、五三年に火災で焼失。六六年、同じ場所に建てられた現在の有楽町ビル内に「有楽町スバル座」として再開館し「イージー・ライダー」や「スヌーピー」シリーズを大ヒットさせるなど映画文化を支えてきた。

 東京都内の会社員、川田美樹央(みきお)さん(57)は「シネコンにはない雰囲気が好きだった。高校時代から通っていたので、最後の上映に立ち会えて感無量です」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報