東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

20号 今夜から大雨の恐れ 21号は強い台風に

 台風20号は二十一日、日本の南を北東に進んだ。台風から入る暖かく湿った空気のため、台風北側の前線が活発化。西日本から東日本の太平洋側は二十一日夜から二十二日にかけて大雨の恐れがある。台風は二十一日夜には、紀伊半島の南で温帯低気圧に変わると見込まれる。

 気象庁は、関東や東北で台風19号の記録的大雨で堤防が決壊したり、地盤が緩んだりした場所では、普段なら災害にならない雨量でも土砂災害や洪水の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。

 二十二日午前六時までの二十四時間予想雨量はいずれも多い所で東海三〇〇ミリ、四国、伊豆諸島一五〇ミリ。その後の二十四時間に東海、伊豆諸島一〇〇〜一五〇ミリ、関東甲信、東北五〇〜一〇〇ミリ。

 台風20号は二十一日午前九時現在、種子島の南東約二八〇キロを時速四五キロで北東へ進んだ。中心気圧は九八五ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は三〇メートル、最大瞬間風速は四五メートル。中心から半径七〇キロ以内が風速二五メートル以上の暴風域。二十一日午前三時の観測で強い台風ではなくなった。

 また強い台風21号は二十一日午前九時現在、マリアナ諸島近海を時速三〇キロで北西へ進んだ。中心気圧は九七〇ヘクトパスカル、最大風速三五メートル、最大瞬間風速五〇メートル。中心から半径七〇キロ以内が風速二五メートル以上の暴風域。二十一日午前三時の観測で強い台風になった。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報