東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

台風19号 復旧阻む冷たい雨 水戸の避難所寒さに震え

雨でぬかるみ、災害ごみがあふれる歩道=22日午後、水戸市で(宮尾幹成撮影)

写真

 台風20号から変わった温帯低気圧の影響で二十二日、茨城県内の台風19号被災地でも雨風が強まった。広い範囲が浸水した水戸市の那珂川沿いでは、水や泥をかぶった家財道具などの「災害ごみ」を屋外で片付ける人はまばら。めっきり冷え込む一日となり、避難所では寒さを訴える高齢者の姿が目立った。 (宮尾幹成)

 「厚手の毛布がほしい。薄い毛布だと二枚重ねても寒くて。(防寒用下着の)ズボン下もあるといいんだけど…」。避難所になっている市立飯富中の体育館で寝泊まりする農業大内けい子さん(72)=同市岩根町=は、上着を重ね着し、支援物資の使い捨てカイロで暖を取っていた。板床に布団を敷いて寝るため体が痛くなり、ストレスからか血圧も上がったという。

 避難所で出る弁当は、おにぎりや唐揚げ、卵焼きなどが多い。ボランティアが差し入れてくれる熱いみそ汁もおいしく食べているが、「ずっとこれでは野菜不足になっちゃうね」と栄養面を心配する。

 建設業の園部貴行さん(36)=岩根町=は両親と市立飯富小二年の息子と四人で、床上浸水した自宅での生活を続ける。

 困っているのは、災害ごみや汚泥が多く残る道路。「子どもを歩いて通学させるのは危険なので、車で送り迎えしている。早くきれいに片付くといいのですが」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報