東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「砂をかむよう」誤用50%超 「ぶぜん」「御の字」

写真

 文化庁の二〇一八年度国語に関する世論調査で、「ぶぜん」「砂をかむよう」との言葉を、半分以上の人が本来とは違う意味でとらえていたことが分かった。元々の意味で理解している人は、ともに三割前後にとどまった。

 調査は今年二〜三月に実施。全国の千九百六十人が回答した。「ぶぜん」の意味を聞いたところ、本来の意味通り「失望してぼんやりする様子」と答えたのは28・1%。「腹を立てている様子」とした人は56・7%だった。ただ、同じ設問をした〇七年度調査に比べ「失望してぼんやり」とした人は11ポイント増え「腹を立てる」は14ポイント減った。

 「砂をかむよう」に関しては、32・1%が本来の意味である「無味乾燥でつまらない様子」とした。56・9%は「悔しくてたまらない様子」とした。

 「御の字」は49・9%が「一応、納得できる」との意味だと答え、元々の意味である「大いにありがたい」の36・6%を上回った。

 また、「天地神明に誓って」を巡り、「天地天命に誓って」と本来と違う言い方をした人は53・7%。「論陣を張る」を「論戦を張る」としたのは44・0%、「舌の根の乾かぬうちに」を「舌の先の乾かぬうちに」としたのも24・4%いた。

 日常会話で、文語調の言い回しを使うかどうかも調べた。「言わずもがな」は25・6%、「行きつ戻りつ」は22・8%、「えも言われぬ」は14・1%が聞いたことがないとした。

 国語に関して国に期待することを聞いたところ、「家庭や社会で正しい言葉遣いが行われるようにする」が39・5%でトップ。

 文化庁は、会員制交流サイト(SNS)の普及で誰もが情報発信できる時代となり、言葉を誤れば「炎上」につながりかねないため、言葉の意味の正誤を考えざるを得ない場面が増えていると分析。その上で、担当者は「言葉は変化していく。おおらかに受け止めてほしい。コミュニケーションにそごが生じないよう、こんな意味でとらえる人もいると、調査結果を活用してもらえれば」と話している。

<国語に関する世論調査> 国語への意識や理解の現状を調べて施策の参考にするため、文化庁が1995年度から毎年実施している。2018年度調査は無作為抽出した全国の16歳以上の男女3590人に面接方式で実施。国語や言葉への関心や、言葉や漢字の使い方、読書傾向などを聞いている。例年、語句や慣用句の意味の受け取り方を測る設問もある。

◆「絆」ひらがなより漢字でしょ 「常用」外でも9割が賛同

写真

 調査では常用漢字表にない字をどう感じているかも聞いた。「絆を深める」という表現では、九割が「絆」を漢字単独で表記するのが良いと答え、「きずな」と仮名文字にしたり、漢字に振り仮名を付けたりして使うのが良いとした人を大きく上回った。

 好ましい表記を聞いたところ、「絆」を漢字単独で使うとした人は90・0%。振り仮名を付けるとしたのは7・0%、仮名で書くとしたのは2・6%にとどまった。

 障害者らから「害」に代わる字として提案されている「碍」についても質問。「障碍を乗り越える」という表現を巡り、「碍」の字を使うのが良いとした人は7・9%。33・4%は振り仮名を付ける、40・3%は別の字を使うとした。

 「碍」の漢字を巡っては、来年の東京パラリンピック開催を控え、衆参両院の委員会が昨年、常用漢字表への追加を検討するよう決議。文化審議会国語分科会で議論が続いている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報