東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

元稲沢市議に無期判決 中国 麻薬密輸罪 結審から5年

桜木琢磨被告

写真

 【広州=浅井正智】中国国内で覚醒剤を日本に運ぼうとして麻薬密輸罪に問われ、「懲役十五年以上か無期懲役または死刑」を求刑された愛知県の元稲沢市議、桜木琢磨被告(76)に対する判決公判が八日午前、広東省の広州市中級人民法院(地裁)で開かれ、無期懲役の判決が言い渡された。弁護人はただちに上訴する方針を明らかにした。

 この裁判は結審から五年以上も判決が出ず、判決期限の延長を繰り返す異例の事態が続いていた。

 桜木被告は二〇一三年十月三十一日、広州市の白雲国際空港でスーツケースに入った覚醒剤三・三キロを違法に運搬しようとして拘束された。

 裁判の最大の争点は、被告本人がスーツケースに覚醒剤が入っていたことを認識していたかという点。被告は捜査段階から一貫して「覚醒剤が入っていることは知らなかった」と無罪を主張。一方、検察側は「知っていた」として、法定刑と同じ「懲役十五年以上か無期懲役または死刑」を求刑した。法院は「明らかに知っていた」として被告の故意を認定した。

 起訴当時の罪名は「麻薬運搬罪」だったが、桜木被告が最終的に日本に覚醒剤を持ち出そうとしたとして、判決公判当日に罪名が突然「麻薬密輸罪」に変更された。

 中国の法律は、原則として起訴から三カ月以内に判決を出すと定めている。被告については、これまで三カ月ごとに判決期限が延期されてきた。法院は早期の判決を求める弁護人の要望を無視し続け、保釈請求も認めなかった。

 八日朝、判決公判が行われた法院前には、多数の日本のメディアが詰め掛けた。本紙も今月四日に法院側に傍聴の申請をしたが、「家族や関係者を優先させる」との理由で拒否された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報