東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

きらめく お花見 目黒川みんなのイルミネーション2019

廃食油を再生したバイオディーゼル燃料を利用し、ライトアップされた目黒川の桜並木=8日、東京都品川区で

写真

 今年で10回目を迎えた「目黒川みんなのイルミネーション2019」が8日、始まった。東京都の品川区を流れる目黒川の両岸2.2キロのサクラを、約41万個の発光ダイオード(LED)でライトアップ。今年も咲いた「冬の桜」を、道行く人は楽しんでいた。

 近くのマンションや店で廃棄された食用油をリサイクルして作ったバイオディーゼル燃料で発電し、LEDをともす。環境にやさしい「エネルギーの地産地消」のイベントでもある。

 JR大崎駅、五反田駅から徒歩6分。点灯時間は午後5時〜10時(雨天決行、荒天時中止)。来年の1月5日まで。 (中西祥子、写真も)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報