東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「りゅうぐう」のくぼみ、半年議論 人工クレーター 幅15メートルの半円形

小惑星りゅうぐうの人工クレーター。実線部分が15メートルの範囲、点線は金属弾が直接当たったとみられる10メートルの範囲=JAXAなど提供

写真

 探査機はやぶさ2が四月に小惑星りゅうぐうの表面につくった世界初の人工クレーターで、これまで未確定だった範囲について宇宙航空研究開発機構(JAXA)が「幅が最長で十五メートルほどの半円形のくぼみ」を指定したことが分かった。

 クレーターの範囲はこれまで、金属弾に直接当たってできたとみられるきれいな円形部分を指すのか、二次的に陥没したくぼみを含めた半円形の範囲を指すのか、JAXA内部で半年にわたり議論が続き、確定していなかった。

 自然のクレーターを発見し、名前をつけたり大きさを確定したりする際には国際天文学連合に申請する必要があるが、今回は世界初のケースのため、はやぶさ2チームが独自に決めた。人工クレーターに関する新基準になりそうだ。さらに詳細な大きさと形状を分析中。JAXAの吉川真准教授は「世界初の成果で今後の研究に影響を与える。慎重にしたい」と話した。

 はやぶさ2は四月にりゅうぐう上空で衝突装置を爆発させ、その勢いで大きな金属弾を表面に撃ち込んでクレーターをつくった。衝突点には深さ二〜三メートル、直径十メートルの円領域に加え南西方向にくぼみが広がった。

 南西方向のくぼみは、もともと埋まっていた岩が金属弾の衝撃で、穴を押し広げる形で動いたことでできたとみられる。チーム内では「クレーターの範囲に含めるべきでない」という意見もあったが、いずれも金属弾の影響によるものだとして全体を含めることでまとまった。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報