東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

京アニ事件 容疑者聴取 大筋で認め「どうせ死刑」

青葉真司容疑者

写真

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第一スタジオの放火殺人事件で、京都府警が青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=を事情聴取していたことが、捜査関係者への取材で分かった。容疑を大筋で認め「どうせ死刑になる」などと話したという。

 捜査関係者によると、聴取は八日に実施し、今回が初めて。青葉容疑者は重いやけどで入院しリハビリ中で、府警は勾留に耐えられる程度まで回復するのを待ち、逮捕する方針。

 青葉容疑者は皮膚移植手術を重ね、八月上旬にはほぼ命に別条がない状態になっていた。その後、会話や食事、体を動かすリハビリに徐々に取り組んできた。

 入院中の聴取は裁判で供述の任意性が争われる可能性があり、府警は聴取するか否かを含め慎重に検討していた。

 青葉容疑者は七月十八日午前十時半ごろ、第一スタジオに玄関から侵入し、ガソリンをまいて火を付けた疑いが持たれている。事件では、スタジオにいた社員七十人のうち三十六人が死亡し、三十三人が重軽傷を負った。

 青葉容疑者も全身にやけどを負い、京都市内の病院に搬送されたが、高度な治療が必要として七月二十日にヘリコプターで大阪府内の病院に移送された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報