東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

池袋暴走 元院長を書類送検 遺族「やっと一歩」

記者会見に臨む松永真菜さんの夫=12日、東京・霞が関の司法記者クラブで

写真

 東京・池袋で四月、暴走した車に母子がはねられ死亡した事故で、警視庁は十二日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)=東京都板橋区=を書類送検した。遺族は記者会見で「スタートラインに立った。やっと一歩踏み出せる」と話した。

 送検容疑では、四月十九日午後零時二十五分ごろ、豊島区東池袋四の都道で、アクセルをブレーキと間違えて踏み続け、横断歩道を自転車で渡っていた近くに住む松永真菜(まな)さん(31)と長女莉子(りこ)ちゃん(3つ)をはねて死亡させたほか、二歳〜九十代の通行人ら男女九人に重軽傷を負わせたとされる。交通捜査課は厳重処分を求める意見書を付けた。

 松永さんの夫(33)は会見で、飯塚元院長が起訴されることを前提に「被害者参加制度を用いて裁判に参加したい。しっかりと準備していく」と強調。「誰しもが被害者や加害者になり得る。事故をきっかけに、国民が考える転換期になってほしい」と話した。

 「関東交通犯罪遺族の会」に参加し、高齢運転者に対する要望書を国土交通省や内閣府に提出したと会見で説明。要望書では、医師の診断が必要な高齢者限定運転免許の導入や、地方の公共交通機関の充実などを求めたという。

 捜査関係者によると、飯塚元院長は妻を助手席に乗せ、自宅から豊島区内の飲食店に食事に行く途中だった。当初は「アクセルが戻らなかった」と説明したが、その後に「ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性も考えられる」と供述。ドライブレコーダーや目撃情報から、車は時速百キロ近くに達しており、ブレーキを踏んだ形跡はなかった。車も異常はなかった。

 飯塚元院長は事故前には車の買い替えを検討し、ディーラーに足を運ぶなど運転を続ける意思があったという。普段から杖(つえ)を使っていたが、交通捜査課は足の具合が悪いことは事故と関係ないと判断した。

 同課は、高齢の飯塚元院長が事故で胸を骨折し入院していたことや、退院後も捜査に協力していたことから、逮捕要件の逃亡や証拠隠滅の恐れはないと判断し、任意捜査を続けていた。 (井上真典)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報